看護師不足の解消 潜在看護師の求人はいかに

毎年何人もの看護師の卵が誕生しています。
看護学校、看護大学などで多くの卒業生を出していますが、同時に多くの退職者も出しているという時代です。
看護師のほとんどが女性ということを考えると、結婚よりも出産による退職や休業と見ると、新卒看護師との釣り合いはとれていないことになります。
その一方で、潜在看護師の存在も大きく、働くのなら看護師以外の仕事に就いているという方も少なくないのが現状です。
求人をする側としたら、すぐに働けるその立場は魅力ですが、現実はなかなかうまく行かないものとされています。
求人にすべての潜在看護師が行くということは不可能ですが、好条件などで引っぱることはできるかもしれません。
しかし、このこともあまり現実的な解決策とは言えないかもしれません。